相続した家は貸せるのか

住宅模型

親がずっと住んでいた家を相続したけれど自分は住む予定がないというときもよくあります。その際に家を貸すことで利益を上げられないかと考えることも多くなり、人気も高くなってきました。しかし、相続した家を貸せるのかが疑問になる人もいるでしょう。親が住んでいた家を貸すことはできますが、そのままでは借りてくれる人が見つかりにくいので気を付けましょう。基本的には中身が空の状態にしてクリーニングをしなければなりません。さらにリフォームをしておかないとあまり魅力的な家だと感じてもらえない可能性もあります。入居者を見つける必要があることを念頭に置いて貸せるかどうかを考えましょう。

空き家対策が切実な理由

男女

実際問題として相続をして自分が住む予定がない家を貸す理由として大きいのは空き家対策です。空き家対策のために法律が定められた影響によって、放置して老朽化してしまった空き家を持っていると税金が高くなるリスクが生じるようになりました。そのような状況になってしまう前に対策をしたいと考えて、解体して更地にしてしまうよりも運用しようという考え方が生まれてきたのです。空き家もきれいにすれば住みたいと考えてくれる人が見つかる可能性が十分にあります。相続した遺産を有効活用して資産形成ができると考えると魅力的な使い方です。そのため、簡単なリフォームとクリーニングをするだけで運用するというケースが増えてきています。

広告募集中